チェックオフ継続可能? 加入者が過半数割り込む

2018.08.20
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社には正社員を構成員とする労組がありますが、正社員比率の低下により加入者数が過半数を割り込んでしまいました。長年の慣習により、組合費は会社が賃金から天引きする形となっています。このまま継続しても問題ないのでしょうか。【大阪・N社】

A

労使協定の要件を欠く 非組合員含めて再締結を

 企業内労組のある会社では、組合費を賃金から天引き処理(チェックオフ)しているのが一般的です。

 会社と労組は別組織ですから、これは徴収事務の代行にあたります。法律的には、どのように解釈されているのでしょうか。

 労働組合法上は、直接的にチェックオフに触れた条文はありません。関連するものとしては、労組法7条が挙げられます。同条では「不当労働行為」の類型を列挙していますが、その中には使用者が「経理上の援助を与えること」が含まれています(7条3号)。

 労組は、使用者にチェックオフをしてもらうことで…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成30年8月15日第2312号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ