組合移籍強制できる? 社外労組加入者を採用

2017.12.26
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の労組では、フルタイム の社員だけでなくパートの社員も組合員になっております。当組合は会社とユニオン・ショップ協定を結んでおりますが、新しく入社してきたパートの1人が前職で加入していた社外の合同労組に在籍しているため、当組合への加入に消極的です。上記協定があるので、当該パートを解雇せざるを得ないのでしょうか。【香川・M組合】

A

他の組合員は解雇権限なし

 ユニオン・ショップとは雇用した労働者に対し一定期間内に労働組合員になることを義務付け、労組からの脱退や除名等で組合員の資格を喪失すると使用者に解雇の義務が生ずる制度で、通常は労働者の過半数が組織する労組と使用者の間で協定が結ばれます(労組法7条1号ただし書)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月18日第3141号16面 掲載
ページトップ