どちらの裁量労働制? 「調査研究」という業務

2016.02.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社には「調査研究」の部門がありますが、専門業務型と企画業務型のうちどちらの裁量労働制を適用できるのでしょうか。【山梨・B社】

A

労働者自身に裁量余地必要

 専門業務型・企画業務型裁量労働制はあらかじめ労使間で決めた時間を1日の労働時間とみなすものですが、業務は極めて限定的で、ひとえに「調査研究」というだけで適用できるとは限りません。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年2月15日第3053号16面 掲載
ページトップ