後遺障害で補償されるか 示談書に協議事項あるが

2016.02.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 横断歩道を通行中、乗用車にぶつけられたため腰を傷め、治療・リハビリの後症状固定となって後遺障害等級14 級を取得し示談をしました。示談書には「新たに後遺障害が発生したときはあらためて別途協議する」という文言があります。それから半年後、腰の症状が悪化し、また首が痛くなりましたが、別途協議でこれらの補償は受けられますか。【岡山・T生】

A

事故との因果関係あれば 文言なくても請求は自由

 交通事故の損害賠償問題が解決したとき、加害者(損害保険会社が多い)と被害者の間で「示談書」あるいは「人身損害に関する承諾書(免責証書)」が交わされます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年2月15日第2252号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ