協会けんぽの保険料率

2016.02.18
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 協会けんぽの平成28年度の保険料率は、どうなるのでしょうか。どうも毎年上がっているイメージですが…。

A

 全国平均の保険料率は10%に据え置かれていますが、都道府県ごとで保険料率が異なっています。例えば、東京のここ最近の推移は、8.18(平成21年度)、9.32(22年度)、9.48(23年度)、9.97(24年度)、9.97(25年度)、9.97(26年度)、9.97(27年度)となっていました。東京に関してはここ数年は据え置きだったわけですが、料率は据え置きでもある程度報酬が上がれば定時決定等で標準報酬月額が見直され保険料が増えます。

 平成28年度の東京都の料率は9.96となりましたので、引下げられたことになります(平成28年度都道府県単位保険料率)。

 全都道府県すべて引下げられたわけではありませんから、事業所が所在する都道府県の保険料率を確認してみてください。

あわせて読みたい

ページトップ