人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

 日常職場で発生するトラブルの処理の仕方、安全衛生の諸問題、人事労務制度の内容、労働関係法の解釈など、紙面に寄せられた労働に関する相談を掲載しています。

 労働新聞・安全スタッフのご購読者様は、専門の担当者が労働に関する相談に無料で幅広くお答えします。読者専用サイト内のご相談フォームからご利用ください。

NEW2018.05.27

バイト雇用の注意点は 駅業務に高校生応募

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 女性及び年少者関係
Q

 当社は鉄道会社で、普段から電車の好きな学生さんが、駅員等のアルバイトに来ています。従来、駅員のアルバイトは専門学校生か大学生を想定していましたが、最近は高校生や高専生からも時折応募が来るようになり、学業に支障がない範囲での雇用が可能か検討しています。年齢層が低くなるので雇う側の責任が重くなりそうですが、特に注意すべき点を教えてください。【東京・Z社】

A

早朝・深夜使用できず

 労基法61条により、使用者は午後10時~午前5時の時間帯においては、満18歳未満の年少者を使用できないのが原則です。通常、全日制の高校等で2年生以下の生徒は殆ど18歳未満ですので、始発電車が動き出す早朝や終電間際の深夜は、…

回答の続きはこちら
NEW2018.05.26

締切日変えた影響は? 離職証明書で賃金記載

ジャンル:
  • 雇用保険法
Q

 当社の賃金支払日は月末です。賃金締切日から支払日までタイトなため、締め日のみ繰上げを検討しています。今後、退職者が出たときに、賃金を支払った期間はどのようにカウントすれば良いのでしょうか。【滋賀・O社】

A

最後6カ月から除外に

 失業等給付の1日当たりの額は、賃金日額をベースに計算します。離職前6カ月に支払われた賃金総額を180で除した額とするのが原則です(雇保法17条1項)。…

回答の続きはこちら
NEW2018.05.25

派遣先の賃金情報必要? 「元」から依頼を受ける 具体的な金額避けたいが

ジャンル:
  • 労働者派遣法
Q

 突然の欠員により、久しぶりに派遣労働者を使うことになりましたが、派遣元の営業の方から「貴社の賃金情報を教えてほしい」といわれてびっくりしています。法改正で「情報提供に関する規制が厳しくなっている」という話ですが、賃金額はあまり公にしたくない情報です。どのような規定になっているのでしょうか。【岡山・K社】

A

“業界相場”で提供も可

 派遣先の情報提供は、「派遣労働者の均衡処遇」の実現と関連します。平成27年の法改正で、均衡処遇等に関する規制が強化されましたが、現在の「働き方改革」に関連して一歩進んだ法整備が予定されています。

 まず、現行(平成27年改正法)の規定を確認しましょう。派遣先は、…

回答の続きはこちら
NEW2018.05.24

ダブルケアと雇用保険給付

ジャンル:
  • ショート実務相談Q&A
Q

 育児と介護のダブルケアの場合、雇用保険給付はその分多くなるのでしょうか。

A

 育児休業には育児休業給付、介護休業には介護休業給付がそれぞれ支給されます。ダブルケアを行っている場合でも、一人の労働者が育児休業と介護休業を同一の期間において取得することはできません(厚労省QA)。

 そのため、育児休業給付と介護休業給付を同一期間において重ねて受給するこはできないということになります。育児休業期… 回答の続きはこちら

NEW2018.05.22

救済命令の拘束力は? 労働委員会へ申立て

ジャンル:
  • 労働組合法
Q

 労組との紛争で労働委員会から受ける「救済命令」は、裁判の判決と同様の拘束力を有するのでしょうか。【神奈川・A社】

A

従わないと過料の対象

 各都道府県に設置された労働委員会では、使用者側に不当労働行為があり、労働組合や労働者側から救済の申立てがあった場合に審査を行い、不当労働行為が認められると、使用者に救済措置をとるよう命令が下されます。不当労働行為には団体交渉の拒否や組合員であることを理由とした不利益取扱いなどがあります(労組法7条)。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ