無期転換申込権いつ発生 複数事業に関わる社員

2018.05.28
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 2年前に6年を予定しているプロジェクトが立ち上がり、スキルの高いシステムコンサルタントを社員に雇用しました。2年ごとに契約を更新する有期雇用ですが、3年目に別のプロジェクトが発足し、当該社員にも参加してほしいという話がきています。事業は8年の予定で、最後まで業務に関与すると10年経過し、社員に無期転換申込権が発生していると思いますが、どちらのプロジェクトが終了した時に発生するのでしょうか。【埼玉・N社】

A

長い方の期間経過時から 先行する事業開始より起算

 有期契約の労働者には、同一の使用者との労働契約が反復更新され、通算5年を超えることとなった場合に無期転換を申し込む権利が発生しますが(労契法18条)、高度の専門的知識等を有し、年間1075万円以上…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年6月1日第2307号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ