雇止めや無期転換に影響? 介護するため勤務短縮 更新の合理的期待どうなる

2014.10.06
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 1年間の有期労働契約を反復更新しています。老親の介護が必要な状態ですが、介護休業等(93日)だけではカバーできそうにありません。会社は、「勤務時間・日数の短縮も検討したら」といいます。しかし、労働条件の変更により、将来的に不利益を受けないか心配です。雇止め・無期転換に影響があるのでしょうか。【広島・N生】

A

条件変更での不利益なし

 まず、雇止めから考えてみましょう。いわゆる「雇止めルール」(労契法19条)では、使用者が更新を拒絶しても、合理的理由を欠き、社会通念上相当でないときは、「従前と同一の労働条件」で自動更新したとみなすと規定しています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年10月6日第2987号16面 掲載
ページトップ