在宅勤務手当を含めるか 割増賃金の単価計算

2020.08.11 【労働基準法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 在宅勤務の本格的な導入に伴い、手当を創設することにしました。割増賃金を支払う際、単価の計算に含めて支払うべきという意見がある一方、通常の労働時間、労働日の賃金ではないという意見もあります。どのように考えればいいのでしょうか。【埼玉・I社】

A

通常勤務時には除外も 特殊作業当てはめれば

 労基法37条では、使用者は、「通常の労働時間または労働日の賃金」の2割5分以上の割増賃金を支払うよう規定しています。これは「割増賃金を支払うべき労働(すなわち時間外、休日または深夜の労働)が深夜でない所定労働時間中に行われたとした場合に…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年8月15日第2360号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ