人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

2021.08.23 【健康保険法】

傷手金の通算対象外? 施行日をまたいで受給

キーワード:
  • 傷病手当金
Q

 傷病手当金の通算(令和3年6月28日付3310号3面)ですが、施行日前に受給を開始している人は、通算の対象外でしょうか。経過措置等があれば教えてください。【北海道・Z社】

A

1年6月前は新法が適用に

 傷病手当金の支給期間に関して、健保法99条4項の規定は、「その支給を始めた日から起算して1年6月を超えない」としています。令和4年1月からは、「その支給を始めた日から通算して1年6月間」に改めます。公布のタイミングで通知も発出されています(令3・6・11保発0611第5号)。この法律の施行に関し、必要な経過措置を定めるとしていて、令和3年6月11日法律66号で附則が定められています。…

回答の続きはこちら
2021.08.18 【健康保険法】

傷病手当金の通算どうなる? 1年6カ月が上限で

キーワード:
  • 傷病手当金
Q

 健保法が改正されましたが、その中に、傷病手当金の見直しがあります。簡単な資料では、「支給期間の通算化を行う」と記載されていますが、具体的には、どのような改正が実施されたのでしょうか。【秋田・O社】

A

支給された日をカウント 「飛び飛び」でもフル受給

 条文自体は短いものですから、最初に、新旧を見比べてみましょう。

 改正前は、「傷病手当金の支給期間は、同一の疾病または負傷およびこれにより発した疾病に関しては、その支給を始めた日から起算して1年6月を超えないものとする」という文言でした(健保法99条4項)。

 改正後は、上記の条文のうち、下線部分が…

回答の続きはこちら
2021.06.15 【健康保険法】

傷病手当金を調整か 休職者へボーナス支給

キーワード:
  • 傷病手当金
  • 賞与
Q

 7月と12月にボーナスを支給しており、減額はあるものの、5月から休職中の従業員にも支払います。傷病手当金を受給中ですが、調整の対象になりますか。【鹿児島・N社】

A

報酬には該当せず対象外で

 傷病手当金は、業務災害以外の傷病で療養のために労務に服することができないとき、連続した3日の待期期間を経た後に支給対象となります(健保法99条)。1日当たりの支給額は、…

回答の続きはこちら
2021.06.07 【健康保険法】

報酬合算して給付? 副業・兼業の傷病手当金

キーワード:
  • 傷病手当金
  • 副業・兼業
  • 被保険者資格
Q

 副業・兼業で複数の事業所に就業する場合、労災保険の補償が拡充されたといいます。社会保険関係ですが、傷病手当金等は報酬を合算するような取扱いになっているのでしょうか。【神奈川・R社】

A

被保険者資格取得が条件に

 社会保険関係では、従前から「所属選択・二以上事業所勤務届」という手続きがありました(健保則1条の2、37条)。手続きが必要となる場合について、日本年金機構は、被保険者が同時に複数(2カ所以上)の適用事業所に使用される場合としています。ただ、…

回答の続きはこちら
2021.02.15 【健康保険法】

初診日で判断か 傷病手当金に関する時効

キーワード:
  • 傷病手当金
Q

 従業員から傷病手当金を請求したいといわれたのですが、聞くと症状が出始めたのは2年以上も前でした。今でもたまに休むようですが、時効について、どのように考えればいいのでしょうか。【群馬・T社】

A

労務不能の日ごと進行

 健保法193条に時効の規定があります。「保険給付を受ける権利は、行使できるときから2年を経過したときは時効によって消滅する」としています。療養の給付、出産育児一時金や高額療養費などを現物給付として受ける場合は通常問題とはなりません。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ