休職満了後に再就職!? 傷病手当金を受給中で

2022.06.13 【雇用保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 休職期間満了により、退職する従業員がいます。本人は傷病手当金を受給しているものの、簡単な仕事なら見つかるかもしれないといいます。病気で休んでいた以上、基本手当を受給するのは難しそうですが、どのように考えれば良いのでしょうか。【兵庫・R社】

A

能力有さないという判断も

 失業して基本手当を受給するためには、労働の意思および能力を有することが前提です(雇保法4条3項)。労働の意思とは、就職しようとする積極的な意思をいいます。意思はあっても能力の問題があります。ハローワークは、「体力、知力、技能、経歴、生活環境等を総合してその有無を判断」します(雇用保険業務取扱要領)。

 「労災法の休業補償給付その他これに相当する給付」の支給を受けている者は、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和4年6月13日第3356号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。