基本手当へどう影響 離職前に休職し傷手金

2021.11.23 【雇用保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 約半年の休職を経て復職したものの、復職後3カ月ほどで、体力などを理由に退職する従業員がいます。基本手当を検討中のようですが、その額を計算する際、健保法の傷病手当金を受給していた休職期間は何か影響しますか。【岩手・K社】

A

被保険者期間カウントせず

 基本手当は、離職日以前2年間の算定対象期間に、被保険者期間が12カ月以上あれば支給されます(雇保法13条)。心身の障害で離職したなど特定理由離職者に当たる場合は、算定対象期間の離職日以前1年間に被保険者期間が6カ月以上あっても対象です。算定対象期間は、疾病、負傷などで引き続き30日以上賃金の支払いを受けられなかった期間を含むときは、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和3年11月22日第3330号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。