給付制限短縮へ要件は 転職後すぐに職探し 所長定める期間どう解釈

2020.03.27
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 転職したものの上司と反りが合わず、精神状態も不調です。再度職探しをしようかと考えますが、このまま退職願を出せば自己都合扱いとなるはずです。給付制限期間は「1カ月以上3カ月以内でハローワーク所長の定める期間」となっていますが、どのような形で離職した場合に制限期間が短縮されるのでしょうか。【栃木・S生】

A

2回目で1カ月の場合も

 離職者はハローワークに求職の申込みをし、受給資格の決定を受けますが、最初の7日間(待期期間)は基本手当が支給されません(雇保法21条)。さらに、離職理由によっては「原則3カ月」の給付制限の対象となります(同33条)。

 給付制限の理由は、「自己の責めに帰すべき重大な理由によって解雇され、または正当な理由がなく自己の都合によって退職した場合」としています。正当な理由としては、「故意の排斥、嫌がらせ」「職務に耐えられない体調不良」等が挙げられています。しかし、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和2年4月6日第3251号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ