人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

 日常職場で発生するトラブルの処理の仕方、安全衛生の諸問題、人事労務制度の内容、労働関係法の解釈など、紙面に寄せられた労働に関する相談を掲載しています。

 労働新聞・安全スタッフのご購読者様は、専門の担当者が労働に関する相談に無料で幅広くお答えします。読者専用サイト内のご相談フォームからご利用ください。

NEW2018.07.20

年休に歩合部分なし? 退職月の数日のみ出勤 一部欠勤時は出たはず

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 賃金関係
Q

 先日、会社を退職したのですが、年休の賃金で疑問があります。最終月は8日出勤し、残っていた年休13日を消化しました。賃金の一部が歩合給で定められていますが、総務担当者は「年休の13日間については歩合がつかないので、賃金が低くなった」といいます。しかし、以前、病気で1週間ほど休んだときは、こんな扱いではなかった気がします。総務のいい分が正しいのでしょうか。【佐賀・K生】

A

売上げから時間単価算出

 年休取得時には、①平均賃金、②通常の賃金、③健保の標準報酬月額の30分の1(要労使協定)のいずれかを支払います(労基法39条7項)。①平均賃金、③標準報酬月額の30分の1を採用している場合、最終月の歩合給が少なくても、年休賃金に影響しません。ですから、②通常の賃金を支払っているとして説明します。

 ②方式で支払うべき賃金は、労基則25条で定められています。ご質問者に関係がありそうなのは、次の2つです。…

回答の続きはこちら
NEW2018.07.19

差額ベッド代と健康保険

ジャンル:
  • ショート実務相談Q&A
Q

 入院したときの「差額ベッド代」、健康保険などの適用がないため、全額自己負担です。高いお金を払っているのだから、診療は「名医」に、かつ順番も最優先で、という患者の主張は認められるのでしょうか。

A

 特別の病室の提供は、選定療養と呼ばれています。保険が適用される診療等の部分とそれ以外がミックスされている場合、その基礎部分が保険外併用療養費(健保法86条)として現物給付され、自己負担部分と特別料金を支払うイメージです。

回答の続きはこちら
NEW2018.07.18

職業紹介も規制強化? 事業報告や情報公開

ジャンル:
  • 職業安定法
Q

 職業紹介を行う会社に課される義務が増えたそうですが、具体的にはどのような義務なのでしょうか。【神奈川・O社】

A

離職者の数などを明示

 求人を行った事業主には、募集や職業紹介で明示した労働条件が労働契約時に異なった内容となった場合に、新たな明示義務が生じる(職安法5条の3第3項)等の改正がされています。

 職業紹介事業者についても、義務が強化されたものがあります。…

回答の続きはこちら
NEW2018.07.17

健診結果の流れは? 選択する病院で受診

ジャンル:
  • 労働安全衛生法
Q

 当社では、定期健診の病院を従業員が選択できる仕組みです。会社から結果の提出を求められましたが、安衛法上、どのように理解すればいいのでしょうか。【佐賀・T生】

A

書面提出義務あり

 定期健診は、事業者に実施義務があり(安衛法66条1項、安衛則44条1項)、労働者にも受診義務があります(同条5項)。

 事業者には、異常の所見がある場合の医師等からの意見聴取…

回答の続きはこちら
2018.07.13

平均賃金の起算日いつ ケガ当日に賃金締切日 「労災待期」暦日で判断

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 賃金関係
Q

 2暦日勤務のケガに関する記事(本紙平30・6・18日付3165号16面)を読みましたが、平均賃金について疑問が生じました。一般には、「賃金締切日」を起点とするので、問題となるケースは少ないと思います。しかし、たまたま2暦日のうちどちらかが賃金締切日に当たった場合、どのように考えるべきでしょうか。【山梨・C社】

A

交替制は初日発生と扱う

 午後12時をまたいで勤務するシフトには、2とおりがあります。第1は、通常の1日分勤務(8時間等)が2暦日にわたるタイプ、第2は1昼夜16時間隔日勤務のような形で2日にわたって勤務するタイプです。

 平均賃金は、「算定すべき事由の発生した日以前3カ月間の賃金総額を総日数で除して」算出するのが原則です(労基法12条1項)。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ