別個に保険関係成立? 臨時で増改築工事

2018.07.24
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 県内で、親会社やグループ会社が所有するオフィスビルの補修や清掃を行っていますが、やや大規模な増改築の計画があり、当社が発注して工事を進める予定です。通常は継続事業として毎年定期的に労災保険料を納付しているところ、この増改築は有期事業として単独で保険関係を成立させなければいけないのではという意見が出ました。実際はどうすべきなのでしょうか。【静岡・C社】

A

小規模工事は不要の場合も

 建設及び立木の伐採の事業は、原則として個々の工事をそれぞれ一つの事業として保険関係を成立させ、工期の始期と終期が決まっている「有期事業」として労働保険の申告をします。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年7月23日第3170号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ