適用事業細目が変わる? 労災保険率の分類基準

2014.05.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 労災保険の「適用事業細目」ですが、製造業では大幅な見直しが実施されたと聞きます。保険料の負担等で、影響があるのでしょうか。【福岡・Y社】

A

製造業は1業種1つに 「情報サービス業」を新設

 労災保険料は、事業が使用する労働者に支払った賃金総額に労災保険率を乗じて算出します。事業とは、「企業そのものではなく、個々の本店、支店、工場、事務所のように組織として独立性を持った経営体」をいいます。

 それぞれの事業に適用する労災保険率は、「個々の事業を作業内容等に細分することなく、すべて一括して1つの事業に該当する保険料率を適用」します(昭24・5・19基発536号)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年5月15日第2210号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ