割増清算時の単価いくら 変形期間途中に昇給 残業したタイミング関係か

2019.07.05
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 変形労働時間制(フレックスタイム制等)の清算期間が長い場合、「最終月にまとめて時間外が計上される」という記事を読みました(令元・5・13付本紙3208号16面)。そこで清算期間の途中(たとえば、3カ月フレックス制の2カ月目)に昇給があった場合の取扱いですが、清算期間の初期に残業が集中しているケース等で、最終月に支払う割増賃金はどのように計算すべきでしょうか。【山形・S社】

A

週50時間超は各期間みる

 1年単位変形労働時間制にも共通する問題ですが、本欄では3カ月単位のフレックス制を例として検討します。

 清算期間が1カ月超の場合、1カ月単位では「月平均で週50時間を超えた分」のみを時間外として確定させ、40時間超50時間未満の分は最終月にまとめて清算します(労基法33条1項・2項)。

 最初の2カ月に…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和元年7月8日第3216号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ