3カ月目に100時間? フレックスの時間外上限 最終月でまとめて清算したら

2019.05.10
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 労基法の改正により、フレックスタイム制の清算期間が最長3カ月に延長されました。当社でも、期間延長の可否を労使で検討しています。時間外上限規制の強化に関しては、フレックスタイム制も例外でないと認識しています。3カ月単位の清算の場合、最終月にまとめて時間外が計上される可能性がありますが、1カ月「100時間未満」の規定はどのように適用されるのでしょうか。【福島・G社】

A

週50時間以内を一括清算

 フレックスタイム制は、「清算期間を平均して週40時間以内であれば、1日・1週の法定労働時間を超えて労働させても割増不要」の仕組みといわれています。

 しかし、清算期間の上限を1カ月から3カ月に延ばすに際して、割増賃金の計算方法に特例を設けました(労基法32条の3第2項)。

 1カ月超3カ月以内のフレックスタイム制の場合、割増の有無は2段階でチェックします。

① 第1段階として、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年5月13日第3208号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ