外国語の条件明示必要か 日本語能力ある者採用も

2018.05.09
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は製造業ですが、工場において外国人の募集・採用を検討しています。採用に当たってある程度の日本語能力が前提にはなるものの、外国語版の労働条件の明示や就業規則は必須でしょうか。【栃木・S社】

A

指針は書面で理解促す 4カ国語対応版あり

 外国人労働者の雇用管理の改善等に関して事業主が適切に対処するための指針(平19・8・3厚労告276号)では、事業主は、外国人労働者との労働契約の締結に際し、賃金、労働時間等主要な労働条件について、当該外国人労働者が理解できるようその内容を明らかにした書面を交付するよう求めています。

 英語、中国語、ポルトガル語、スペイン語版のモデル労働条件通知書は、東京外国人雇用サービスセンターのホームページにあります。

 このほか、同指針では…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年5月15日第2306号 掲載
ページトップ