「中間搾取」の例外か 労働者派遣や業務請負

2013.09.09
Q

 当社は、人材ビジネス業(労働者派遣、業務請負)を営んでいます。労基法の中に「中間搾取の排除」という規定がありますが、「法律に基づいて許される場合」は例外とされています。派遣については派遣法が定められていますが、業務請負は何法を根拠とするのでしょうか。【群馬・B社】

A

就業に介入せず適用外

 中間搾取とは、「業として他人の就業に介入して利益を得る」ことをいいます。法律に根拠がある場合を除き、何人も中間搾取を行うことはできません(労基法6条)。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成25年9月9日第2936号16面
ページトップ