見込み額では不十分か? 求人票に載せる残業手当

2014.06.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 求人票に月給の内訳として、基本給のほか昨年の実績に基づく残業手当の見込み額を記載しました。先般中途入社した従業員から、求人票の内容よりも残業が多いと指摘されました。求人票に記載した時間までしか残業させることができないのでしょうか。【千葉・O社】

A

残業有無の記載で足りる 実態と乖離ないのが理想

 事業者や公共職業安定所は、求職者に対して、①従事すべき業務の内容、②労働契約の期間、③就業の場所、④始業および就業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間および休日、⑤賃金の額、⑥健保、厚年、労災、雇保の適用について、書面で明示しなければなりません(職業安定法5条の3、同法施行規則4条の2)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年6月1日第2211号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ