1年の特別条項を発動か 半年単位で管理必要? 退職により期間途中離脱

2015.09.28
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 10月末に退職予定の従業員がいます。当社では、年度単位で時間外・休日労働(36)協定を結んでいます。原則は、1カ月45時間・1年360時間で、特別条項により月60時間・年500時間まで延長が可能となっています。退職予定の方が所属する職場では、時間外累計が8月末時点で200時間を超えています。この方に限って、特別条項の発動等が必要な状況が発生するのでしょうか。【京都・A社】

A

1カ月45時間のみ制限

 36協定では、1日・1日を超え3カ月以内の期間・1年について時間外労働の限度時間を定めます(「労働条件の延長の限度基準」平10・12・28労働省告示154号1条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月28日第3034号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ