勤務割の振替可能か 1カ月単位変形制を導入 所定労働時間変更繰り返す

2014.11.17
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 顧問先で、1カ月単位変形労働時間制の導入をお手伝いしましたが、社長さんが「勤務割の途中変更」を繰り返します。「途中変更ではない。2勤務の『振替』だ。振替なら問題ないだろう」というのですが、どのように説得すればよいのでしょうか。【神奈川・O社労士】

A

8時間超える日には割増

 変形労働時間制を採れば、「特定された日における労働が8時間を、特定された週の労働が40時間を超えても、割増賃金を支払う必要がない」とされています(昭63・3・14基発150号)。

 逆にいえば、原則としていったん特定した労働時間の変更は許されません。判例では、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月17日第2993号16面 掲載
ページトップ