人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

NEW2022.08.11 【雇用保険法】

賃金日額に影響あるか? 休業手当支払った場合

キーワード:
  • 休業手当
  • 基本手当
Q

 退職する従業員がいますが、3カ月前に10日ほど、使用者の責めに帰すべき事由による休業のため、平均賃金の6割の休業手当を支払った期間があります。その分だけ賃金日額が下がらないよう、何か救済などあるのでしょうか。【佐賀・I社】

A

額と日数から控除の措置 適切でない場合へ該当で

 基本手当の支給額の計算に用いる賃金日額は、原則、被保険者期間の最後の6カ月間に支払われた賃金の総額を180で割って求めます(雇保法17条1項)。実際には、賃金締切日を基準に計算します。賃金締切日の翌日~次の賃金締切日までの期間を賃金月といい、そのうち満1カ月かつ賃金支払基礎日数が11日以上あるものを完全な賃金月と呼ぶとしていますが、算定基礎期間に完全な賃金月が6以上あるときは、最後の完全な6賃金月の賃金総額を180で割って求めます(雇用保険業務取扱要領)。

 法17条3項では、…

回答の続きはこちら
2022.06.13 【雇用保険法】

休職満了後に再就職!? 傷病手当金を受給中で

キーワード:
  • 傷病手当金
  • 基本手当
Q

 休職期間満了により、退職する従業員がいます。本人は傷病手当金を受給しているものの、簡単な仕事なら見つかるかもしれないといいます。病気で休んでいた以上、基本手当を受給するのは難しそうですが、どのように考えれば良いのでしょうか。【兵庫・R社】

A

能力有さないという判断も

 失業して基本手当を受給するためには、労働の意思および能力を有することが前提です(雇保法4条3項)。労働の意思とは、就職しようとする積極的な意思をいいます。意思はあっても能力の問題があります。ハローワークは、「体力、知力、技能、経歴、生活環境等を総合してその有無を判断」します(雇用保険業務取扱要領)。

 「労災法の休業補償給付その他これに相当する給付」の支給を受けている者は、…

回答の続きはこちら
2022.04.27 【雇用保険法】

給付制限期間通算する? 再就職先を早期に離職

キーワード:
  • 基本手当
  • 離職
Q

 3カ月前に雇用した従業員から申出があり、退職することとなりました。前職の離職の際は、受給資格の決定は受けたものの、自己都合退職による給付制限を受けたそうで、同期間が終わる前に当社へ入社したとの話です。今回の離職においても給付制限は受けるのでしょうか。【新潟・N社】

A

前職受給資格なら行わず 待期翌日から起算と考え

 基本手当の受給に際し、離職の理由が自己の責めに帰すべき重大な理由による解雇だったり、正当な理由がない自己の都合による退職だったりするときは、待期期間の満了後、給付制限期間が設けられます(雇保法33条)。

 自己の責めに帰すべき重大な理由による解雇とは、たとえば、故意または重過失で事業所の設備を破壊したことや就業規則に違反したこと、機密情報を漏洩したことなどを理由とする解雇です。このケースにおいて、…

回答の続きはこちら
2022.03.22 【雇用保険法】

算定基礎に含むか 休業給付を受給したら

キーワード:
  • 介護休業
  • 基本手当
  • 育児休業
Q

 このたび従業員が辞めることになったため、雇用保険の説明をしていたところ、算定基礎期間について質問を受けました。この従業員は、当社での雇用期間内において、育児・介護休業給付のどちらも取得していますが、何か影響はあるのでしょうか。【岡山・U社】

A

介護は通算し育児除外する

 算定基礎期間とは、同一の事業主の適用事業所に被保険者として雇用された期間のことをいい(雇保法22条3項)、失業時に何日分の基本手当を受給できるかを決める基礎となります。

 転職などで被保険者であった期間に空白があっても、直前の離職で基本手当などの支給を受けておらず、かつ空白が1年以内であれば、通算できます。…

回答の続きはこちら
2021.11.23 【雇用保険法】

基本手当へどう影響 離職前に休職し傷手金

キーワード:
  • 傷病手当金
  • 基本手当
Q

 約半年の休職を経て復職したものの、復職後3カ月ほどで、体力などを理由に退職する従業員がいます。基本手当を検討中のようですが、その額を計算する際、健保法の傷病手当金を受給していた休職期間は何か影響しますか。【岩手・K社】

A

被保険者期間カウントせず

 基本手当は、離職日以前2年間の算定対象期間に、被保険者期間が12カ月以上あれば支給されます(雇保法13条)。心身の障害で離職したなど特定理由離職者に当たる場合は、算定対象期間の離職日以前1年間に被保険者期間が6カ月以上あっても対象です。算定対象期間は、疾病、負傷などで引き続き30日以上賃金の支払いを受けられなかった期間を含むときは、…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。