人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

 日常職場で発生するトラブルの処理の仕方、安全衛生の諸問題、人事労務制度の内容、労働関係法の解釈など、紙面に寄せられた労働に関する相談を掲載しています。

 労働新聞・安全スタッフのご購読者様は、専門の担当者が労働に関する相談に無料で幅広くお答えします。電子版にログインのうえご相談フォームからご利用ください。

NEW2020.10.20 【健康保険法】

標準報酬改定する? 育休中に一時帰休行う

ジャンル:
  • 標準報酬月額
  • 育児休業
Q

 もうすぐ育児休業から復職する労働者がいます。同労働者が育休期間中、当社は一時帰休を行い、まだ解消しておりません。報酬が大きく変動し2等級以上の差が生じたのですが、このような場合、育休終了直後の標準報酬月額について改定などを行う措置はあるのでしょうか。【岡山・N社】

A

変動後支払い受けて判断へ

 標準報酬月額の随時改定(健保法43条)は、①昇給・降格など固定的賃金が変動、②変動以後3カ月間の月当たり平均報酬に基づく標準報酬月額と2等級以上の差が発生、③各月の支払基礎日数が17日以上(原則)をすべて満たす際に行います。改定は著しく高低を生じた月の翌月からです。一時帰休による変動も含みます(平29・6・2事務連絡)。…

回答の続きはこちら
NEW2020.10.19 【雇用保険法】

在宅も被保険者か 新規採用時の留意点

ジャンル:
  • 在宅勤務
  • 採用
Q

 従業員の在宅勤務を一部認めていますが、これから募集採用する従業員も可能とします。週20時間などをクリアすれば当然雇用保険の被保険者と考えていますが、当面は出社させずにすべて在宅勤務とする場合に何か留意点はあるでしょうか。【千葉・T社】

A

「常時」なら実態証明を

 現在雇用保険に加入している従業員が、週の一部を在宅で勤務したときでも通常被保険者資格は継続します。仮に、臨時的・一時的に週20時間未満となる場合も原則継続という扱いです(雇用保険業務取扱要領)。…

回答の続きはこちら
NEW2020.10.16 【労働基準法】

年休時季指定の扱いは 本人が別途5日取得 白紙に戻りほかで指定か

ジャンル:
  • 休憩・休日関係
  • 年休
  • 時季指定
Q

 「年5日の年休の時季指定」について、質問があります。本人の意見を踏まえ、既に今年度の年休取得日を決定済みの従業員がいます。まだ最初の取得予定日は到来していませんが、ご家族から「急病で病院に連れて行く。入院するかもしれない」と連絡がありました。仮に5日以上休めば、「使用者による時季指定」は白紙に戻るという理解で良いのでしょうか。【宮崎・P社】

A

義務免除だが話合い必要

 使用者は、年休付与の基準日から1年以内に年休を5日取得させる義務を負います(労基法39条7項)。対象は、法定の付与日数が10日以上(繰越分除く)の従業員です。確実な年休消化のため使用者は5日の時季指定を行いますが、「本人が取得した年休、計画的付与による年休の日数」を5日から除くことができます(同条8項)。

 時季指定は「期首に限られず、期間途中に行うことも可能」としています(厚労省Q&A)。期間途中で時季指定する予定の場合、それ以前に入院等で5日の年休を使ってしまえば、事業主の時季指定義務は消滅します。…

回答の続きはこちら
NEW2020.10.16 【労働安全衛生法】

糖尿病心配で休業発令!? 高血糖状態改善されず

ジャンル:
  • 健康診断
Q

 健康診断結果を産業医の先生に見ていただいています。ある社員の今年の結果をみて「この方は去年も高血糖が指摘されて受診勧奨をしたが、どうも放置されているようだ。今年の値はHbA1C13.5%と、いわゆるパニック値になっている。こういう人には要休業という意見を出そうと思う」と言われてしまいました。そのまま休業命令を出すべきでしょうか。【千葉・T社】

A

業務状況と治療歴確認 高所作業や運転制限も

 糖尿病は、自己免疫疾患である1型なのか、基本的に生活習慣病とされる2型なのかによっても違いはありますが、一般に自覚症状に乏しく、本人の受診行動や生活習慣の努力などの自己保健行動が疎かになりがちな病気です。健康診断で高血糖が指摘されて事後措置に苦労するケースも散見されます。

 適切な治療や定期的な通院がされていれば、特段の就業制限は不要な疾患だといえますが…

回答の続きはこちら
NEW2020.10.15 【雇用保険法】

副業兼業と失業給付の関係は

ジャンル:
  • ショート実務相談Q&A
Q

 ダブルワークをしている者が失業した場合、失業給付を受給することができますか。本業とは別に週10数時間のアルバイトをしています。

A

 ダブルワークも補償されるようになるのは令和4年1月以降であり、かつ、対象となるのは65歳以上の被保険者(高年齢被保険者)です。本件は、…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ