糖尿病心配で休業発令!? 高血糖状態改善されず

2020.10.16 【労働安全衛生法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 健康診断結果を産業医の先生に見ていただいています。ある社員の今年の結果をみて「この方は去年も高血糖が指摘されて受診勧奨をしたが、どうも放置されているようだ。今年の値はHbA1C13.5%と、いわゆるパニック値になっている。こういう人には要休業という意見を出そうと思う」と言われてしまいました。そのまま休業命令を出すべきでしょうか。【千葉・T社】

A

業務状況と治療歴確認 高所作業や運転制限も

 糖尿病は、自己免疫疾患である1型なのか、基本的に生活習慣病とされる2型なのかによっても違いはありますが、一般に自覚症状に乏しく、本人の受診行動や生活習慣の努力などの自己保健行動が疎かになりがちな病気です。健康診断で高血糖が指摘されて事後措置に苦労するケースも散見されます。

 適切な治療や定期的な通院がされていれば、特段の就業制限は不要な疾患だといえますが…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2020年10月15日第2364号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ