年休取得後に残業したら 割増賃金の計算が必要か

2020.10.27 【労働基準法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 時間単位年休を2時間取得した従業員が、その日終業時刻を超えて2時間働きました。この場合、割増賃金は必要でしょうか。また、こうした場合、年休は取得したことにはならないのでしょうか。【大阪・F社】

A

実労働時間から除外する 所定超過部分は100%を

 労基法32条または40条に定める労働時間は実労働時間をいうものであり、割増賃金の支払いを要するのは、実労働時間を超えて労働させる場合に限る(昭29・12・1基収6143号)としています。さらに、遅刻の例を挙げて、その時間だけ通常の終業時刻を繰り下げて労働させる場合、1日の実労働時間を通算すれば法32条または法40条の労働時間を超えないときは、割増賃金支払いの必要はないとしています。

 労基法は、割増賃金の支払義務に関して「実労働時間主義」を採っており、不就労の理由が欠務によるものであれ、年休によるものであれ、実際に労働した時間が法定労働時間を超えない限り、割増賃金の支払い義務は生じないと解されています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年11月1日第2365号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ