60歳後も基礎年金増額!? 法的な根拠知りたい

2020.10.28 【厚生年金保険法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 嘱託再雇用者の方ですが、年金のことをいろいろと勉強されているようで、老齢基礎年金について質問を受けました。「60歳を過ぎても、働いていれば国民年金の被保険者なので、65歳から受け取る老齢基礎年金も増えるんですよね」といわれて、返答に窮しました。私は違うと思うんですが、法律上の根拠を示せません。どのように説明すればよいのでしょうか。【山口・R社】

A

法附則で合算対象期間 厚生年金に「経過的加算」

 老齢基礎年金は定額(令和2年度は78万1700円)ですが、保険料納付済期間が480月に満たないときは、未払いの月数等に応じて減額調整されます(国年法27条)。

 ご質問の方は、「60歳を過ぎた後も65歳まで保険料納付済期間は増えていく(60歳を過ぎても、未払いの月数を減らすことができる)」とお考えのようです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2020年11月1日第2365号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ