長期治療で窓口負担額は 高額療養の仕組み教えて

2020.10.28 【健康保険法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の従業員ですが、難病で長期・継続的な治療が必要になりました。医療機関の窓口負担については、高額療養費の対象になりそうです。聞くところによると、一定期間出費が続くと、高額療養費の自己負担限度額自体も下がるようですが、どのような仕組みなのでしょうか。【鳥取・I社】

A

4カ月目から約4万円に 直近12カ月の回数みる

 被保険者が医療機関を利用した際、通常は窓口で医療費の3割相当を自己負担します。しかし、負担額が著しく高額なときは、一部、費用の填補が行われます(健保法115条)。これを、高額療養費と呼びます。

 ①被保険者本人が同一の医療機関で治療を受けるとき、②被保険者と被扶養者など同一世帯の家族が同時に治療を受けるとき、③同一人が2つ以上の医療機関を利用するときなど、さまざまなパターンがあり得ます。ご質問は、①に該当すると考えられます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2020年11月1日第2365号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ