夫婦病気で「世帯合算」か 高額療養費の対象者

2017.07.13
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 女性従業員のご主人が病気で、お勤めの会社では私傷病休職扱いになっていると聞きました。心労や看護疲れのせいでしょうか。ご本人も、最近、しきりに体調不良を訴えています。万一、2人とも病気という事態になった場合、高額療養費の「世帯合算」で、負担が軽減されるのでしょうか。【石川・T社】

A

家族は被扶養者が対象に 共働きなら自ら加入も

 健保の被保険者・被扶養者が医療機関を利用した場合、原則3割が自己負担となります(健保法74条)。しかし、負担が高額の場合、一部を填補する仕組みが設けられています(同115条)。

 対象となる窓口負担としては、下記の例が挙げられます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年7月15日第2286号 掲載
ページトップ