70歳過ぎると負担軽減? 持病あるが現役の経営者

2017.07.27
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の社長が、まもなく70歳になります。持病があり、定期的に病院に通っていて、結構な出費になるようです。70歳になると、健保の自己負担額が下がるといいますが、どのような規定になっているのでしょうか。【福井・Z社】

A

「現役並み所得」は3割 高額療養費も区別あり

 病院で治療を受けた際、被保険者は費用の一部を自己負担します。一部負担金の割合は、下記のとおりです(健保法74条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年8月1日第2287号 掲載
ページトップ