70歳の高額療養どうなる 扶養する親が入院したら

2020.03.11
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の部長から、母親の医療費について質問を受けました。最近、70歳の誕生日を迎えたばかりと聞いていましたが、体調不良で入院が必要というお話です。高齢者の高額療養費の取扱いは、どのようになっていたでしょうか。【長崎・K社】

A

外来と入院で上限異なる 通常の窓口負担は2割

 母親が、部長さんの被扶養者であるという前提でご回答します。

 健保の被保険者・被扶養者で、70歳以上75歳未満の方を「高齢受給者」といいます。被扶養者の窓口負担割合は、年齢・被保険者の収入に応じて異なります。

 被扶養者が高齢受給者である場合、次のいずれかになります(健保法110条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2020年3月15日第2350号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ