人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

 日常職場で発生するトラブルの処理の仕方、安全衛生の諸問題、人事労務制度の内容、労働関係法の解釈など、紙面に寄せられた労働に関する相談を掲載しています。

 労働新聞・安全スタッフのご購読者様は、専門の担当者が労働に関する相談に無料で幅広くお答えします。読者専用サイト内のご相談フォームからご利用ください。

NEW2018.10.19

中間搾取に該当するか 人材会社から在籍出向 二重の雇用契約関係が成立

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 労働契約関係
Q

 人材ビジネス会社から人材の提供を受けるに当たり、各種スキームのメリット・デメリットを検討するよう指示を受けました。派遣・請負のほかに、出向という形態も存在するようですが、法律的にはグレーな印象です。若いころに学んだ労基法関連では、「中間搾取」に関する規定があったように記憶します。直接的には、この条文に抵触するという理解で良いのでしょうか。【埼玉・O社】

A

「偽装」なら職安法違反

 ご質問は、いわゆる「偽装出向」に関連するものですが、適法性を検討する前に「出向(在籍型)」の形態を確認しましょう。

 在籍型出向の場合、「出向元および出向先双方と労働者の間に二重の雇用関係」が生じます。三者が関連する法律関係は、職業安定法の中に具体的な規定があります。

 労働者供給(職安法4条6項)のパターンには、2種類があります。…

回答の続きはこちら
NEW2018.10.18

社会保険加入のメリット

ジャンル:
  • ショート実務相談Q&A
Q

 社会保険の適用拡大があったのは、つい最近のような気がします。新聞報道をみるとさらなる拡大も検討されているようです。ここであらためて加入のメリットとしてどういったものが考えられるのでしょうか。

A

 「公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための国民年金法等の一部を改正する法律」(平24法律62号)に基づき、501人以上の企業で、週20時間以上、月8.8万円以上などの要件を満たす場合に社会保険の加入が義務付けられたのは、平成28年10月1日からでした。

回答の続きはこちら
NEW2018.10.16

紛争避ける留意点は 外国人労働者に賞与

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 賃金関係
Q

 外国人を雇用したら、賞与が出なかったことでトラブルになったという話を聞きました。どんな点に気を付けるべきでしょうか。【福岡・S社】

A

支給の有無は明示する必要

 賞与に関する事項は、支給の有無など使用者が何らかの取決めをしている場合、労働契約(労基法15条、労基則5条5号)で明示が必要な事項に挙げられています。労働者が日本人でも外国人でも全く同じです。…

回答の続きはこちら
NEW2018.10.15

本人署名を会社代筆? 雇用継続給付の支給申請

ジャンル:
  • 雇用保険法
Q

 当社では、高年齢者雇用継続給付の申請書をその都度本人に手渡し、署名等してもらっています。このたび従業員から、会社で書いておいてくれないかといわれ困惑しています。突っぱねるべきでしょうか。【岩手・O社】

A

同意書得て省略可能に

 高年齢雇用継続給付支給申請書(雇保則101条の5、様式33号の3の2)の様式をみるとカッコ書きで、必ず2面の注意書きを良く読んでから記入してくださいとあります。注意書きには、…

回答の続きはこちら
2018.10.12

「紛争処理センター」とは 損害賠償額に納得いかず

ジャンル:
  • 交通事故処理
Q

 横断歩道で軽自動車に接触してケガをしました。ケガはむち打ち症でしたが、後遺障害は残らず完治しました。しかし、相手の損害保険会社の賠償提示額に納得ができず、「賠償額を上げてほしい」と要求したところ、「この額で示談をしないのなら、交通事故紛争処理センターで解決すればいい」といわれました。紛争処理センターとはどういうところですか。満足できる解決をしてくれますか。【茨城・S生】

A

法律の専門家がサポート 基準に照らして金額提案

 「(公益財団法人)交通事故紛争処理センター」とは、「自動車事故の被害者(申立人)と加害者または加害者が契約する保険会社または共済組合との示談をめぐる紛争を解決するため、申立人と相手方との間に立って法律相談、和解あっ旋および審査手続きを無料で行っている」ところです。申込みは申立人本人が申し立てることを前提にしており、…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ