硫化水素の危険性教えて タンク内の中毒事故受け

2018.10.12
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 先日、薬品タンク内に梯子で降りた作業員が、硫化水素中毒で死亡する事故がありました。硫化水素はどのようなときに危険なのですか。【兵庫・I社】

A

地下やくぼみに滞留する 十分な換気や計測が必要

 硫化水素(H2S)は腐った卵のような刺激臭を伴うガスで、火山や温泉地などで発生します。比重が1.19と空気より重く、地下やくぼみに滞留しやすい気体です。1997年には青森県八甲田山近くの演習場で、自衛隊員3人が訓練中にくぼ地に溜まっていた硫化水素で死亡しました。

 硫化水素中毒の過去10年間の業種別発生状況をみると、発生件数は製造業が最も多く、次いで建設業、清掃業の順で、し尿や汚水のタンクやマンホールや管路などからの発生が大半を占めています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年10月15日第2316号 掲載
ページトップ