スライド制とは何か 年金の日額計算に加味

2018.10.23
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 業務上の災害で亡くなったり障害が残ったことで本人や遺族が受ける年金は、年休の賃金や休業手当の場合と同じ金額を単位として計算すると覚えていましたが、労災の年金は「スライド制」という独自の計算も加味されると聞きました。具体的には、どういった方法で年金の額を算出しているのでしょうか。【奈良・D社】

A

賃金水準に応じて改定

 障害補償年金や遺族補償年金は、「給付基礎日額」という1日単位の金額に、障害の程度や遺族の人数等に応じた日数分を乗じた額が支給されます(労災法15条、16条の3)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成30年10月22日第3181号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ