下請け単独で保険加入? 建設業は元請け一括のはず

2013.02.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は建設業者です。労災保険においては、元請けが労災保険の事業主になると理解しています。同業者から下請負人を事業主として取扱う制度があると聞きました。あるとしたら、具体的にはどのような制度でしょうか。【山梨・J社】

A

工事規模により分離可能 安衛法で責任負うことも

 労災保険は事業主のための保険?

 業務災害により労働者が負傷、疾病または死亡した場合、事業主は、労働基準法の規定により、被災労働者(またはその遺族)に対して、療養補償・休業補償・障害補償・遺族補償等を行う法的義務があり(労基法8章各条参照)、当該被災労働者の退職をもって打ち切ることはできません。したがって、当該災害に関して、事業主の費用負担は際限がなくなることもあり得ます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年2月1日第2179号 掲載
ページトップ