防災の原点を見直したい 事故発生時どう対応するか

2014.01.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 今年は労災ゼロの年にしたいと思っています。各種法令を順守していきますが、いざ事故が起こったときの対応も全社で統一し、適切な対応をしたいと考えています。原点に帰って事故対応全般に関してご指導ください。一味違った助言もあると助かります。【愛知・M社】

A

通報先など初動確認 申請準備も抜かりなく

最も大切な予防とそのための情報収集を全社で

 まず、貴社の姿勢に敬意を表します。法令順守等のいわゆるコンプライアンス体制の確立には事業主、担当者だけでなく全社的な取組みが必要です。労災に対する基本知識はもとより、労災事故の予防、起こったときの初動対応等、以下に労災関連の情報であまり語られないものも含めて解説していきます。

何度でも書き直せ安全標語

 ある工場では、親会社の作成したあるいは指導した標語ポスターを確実に目に付く場所に貼付しています。それは良いことなのですが、張りっぱなしで新しく書き直すことも、唱和することもしません。同じ用語でも、常に新しい紙に墨痕鮮やかに書き直されていたとしたらどうでしょう。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年1月1日第2201号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ