中間搾取に該当するか 人材会社から在籍出向 二重の雇用契約関係が成立

2018.10.19
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 人材ビジネス会社から人材の提供を受けるに当たり、各種スキームのメリット・デメリットを検討するよう指示を受けました。派遣・請負のほかに、出向という形態も存在するようですが、法律的にはグレーな印象です。若いころに学んだ労基法関連では、「中間搾取」に関する規定があったように記憶します。直接的には、この条文に抵触するという理解で良いのでしょうか。【埼玉・O社】

A

「偽装」なら職安法違反

 ご質問は、いわゆる「偽装出向」に関連するものですが、適法性を検討する前に「出向(在籍型)」の形態を確認しましょう。

 在籍型出向の場合、「出向元および出向先双方と労働者の間に二重の雇用関係」が生じます。三者が関連する法律関係は、職業安定法の中に具体的な規定があります。

 労働者供給(職安法4条6項)のパターンには、2種類があります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成30年10月22日第3181号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ