整理解雇に優先順位が!? 優秀なパートどう扱う

2020.07.27 【労働基準法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 業績の悪化に伴う整理解雇を予定しています。ものの本などを調べると、人選の合理性という要件が設けられていました。正社員よりパートの人員整理を優先しなければならないとあり、びっくりしています。当社では、優秀なパートも少なくありません。どのように考えるべきなのでしょうか。【埼玉・O社】

A

雇止め回避する努力必要 差別的な取扱いは注意を

 整理解雇とは、企業が経営上必要とされる人員削減のために行う解雇をいいます(菅野和夫「労働法」)。解雇権の濫用(労契法16条)にならないか、裁判例では4つの事項に着目して判断を行っています。そのひとつに、被解雇者選定の合理性があります。何人かの労働者の整理解雇がやむなしと認められる場合にも、使用者は、客観的で合理的な基準を設定し、これを公正に適用して行うことを要します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年8月1日第2359号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ