5年契約にリスクある? 65歳まで希望者全員雇用

2015.10.01 【労働基準法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 65歳までの希望者全員継続雇用が義務付けられていますが、定年後は1年ごとの契約更新を繰り返すのが一般的だと思います。定年後、5年契約を結んでほしいという従業員がいた場合、会社として安易に結んでいいものなのでしょうか。自己都合により退職する場合でも、制限が及ぶようなことがあるのでしょうか。【広島・K社】

A

自主退職にも一定の制限 就業規則で合意規定置く

 高年齢者法9条に基づいて、平成25年4月1日から事業主は、①65歳以上までの定年引上げ、②希望者全員を対象とする65歳までの継続雇用制度、③定年の定めの廃止のいずれかの対応が求められています。ただし、②継続雇用制度に関して、労使協定により継続雇用する対象者を限定する基準を定めている場合、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年10月1日第2243号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ