年休中も支払義務あり? 専門型裁量労働制の手当

2014.06.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、専門業務型の裁量労働制を採用し、労使協定で1日の労働時間を9時間と協定しています。残業代として毎月25時間分の「裁量労働手当」を支払っています。対象者の1人が私傷病により長期入院することになりました。1カ月間にわたって年次有給休暇を消化する場合、その間は手当を支払わずにストップしても構わないでしょうか。【埼玉・N社】

A

一律に支給なら原則必要 協定や規則で明示すべき

 裁量労働制には、専門業務型(労基法38条の3)と企画業務型(同38条の4)の2種類があり、要件や対象者の範囲に違いがあります。専門業務型の場合、労使協定でみなし労働時間を定めます。

 専門業務型・企画業務型裁量労働制は、「当該業務の遂行に必要とされる時間を定めた場合には、当該業務に従事した労働者は、当該協定(または決議)で定める時間労働したものとみなす」ものです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年6月15日第2212号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ