接触防止に必要なことは 産業用ロボット使う作業

2017.02.21
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 産業用ロボットとの接触による事故災害の発生が近年問題になっていますが、安全対策として特に知っておくべきこととしてどういったものがあるか、教えてください。【岡山・A社】

A

可動範囲の立入りに注意 RAの評価で措置免除も

運転中の安全対策

 運転中、産業用ロボットとの接触により労働者に危険の生ずるおそれがあるときは、次のいずれかの「柵または囲いを設ける等」の措置を講ずる必要があります(安衛則150条の4)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年2月15日第2276号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ