家族混在し法の適用は? 同居・別居でどう取扱う

2016.11.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 家族経営などの事業においては労基法が適用されない、といいます。当社の関係先に、現業部門と事務部門のうち一部が家族で構成されている会社があります。労基法の取扱いはどうなるのでしょうか。万が一、ケガをしたときの災害補償はどうなりますか。【佐賀・O社】

A

同居親族のみの事業除外 労働者性あるかは別問題

 労基法116条2項では、この法律は、同居の親族のみを使用する事業および家事使用人については適用しないとしています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年11月1日第2269号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ