年休繰上げ8割計算は? 5日義務対応で一斉付与

2019.05.09
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 年次有給休暇の5日の取得が義務化され、当社では付与基準日の統一を検討しています。もともと10月の基準日を4月に繰り上げた場合、出勤率の計算は4月前の1年間をみるのでしょうか。【静岡・P社】

A

本来の付与日前1年みる 前倒しした期間は出勤扱い

 使用者は、雇入れの日から起算して6カ月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、年休を与えなければならないとしています(労基法39条)。

 使用者は、年休のうち5日を「基準日」から1年以内に、労働者ごとに時季を定めて与えなければなりません(7項)。5日から労働者が自ら取得した日数(時間単位を除く)は、控除されます。

 基準日とは、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年5月15日第2330号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ