年休残日数は通知必要か 退職間際に買上げ要求

2017.11.09
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 退職日が決まった従業員から、未消化の年休があるはずで買い取ってほしいといわれました。その義務はないと伝えたところ、残日数の通知がなく日数を把握できなかったのは会社の責任と切り返されました。会社の落ち度ということになるのでしょうか。【新潟・B社】

A

明細の記載事項に含まず 管理簿作成を義務化へ

 年休の買上げに関して、予約をし、予約された日数について年休取得を認めないことは年休の保障(法39条)に反するが(昭30・11・30基収4718号)、結果的に未消化の年休日数に応じて手当を支給することは違法ではないと解されています。退職によって労働関係が消滅すればそれに伴い年休請求権も消滅します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月15日第2294号 掲載
ページトップ