打刻しても裁量労働? タイムカード廃止せず

2018.03.22
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、一定の職種に専門型裁量労働制を適用していますが、タイムカードの打刻は廃止していません。裁量労働制が国会の場などで激しく議論されていましたが、使用者が労働者の労働時間を管理する義務が免除されているということを耳にしました。タイムカードを利用している場合でも裁量労働制に当てはまるのでしょうか。【神奈川・O社】

A

健康確保にむしろ有益

 使用者は個々の労働者について各日の始業・終業時刻を適正に把握する義務を負いますが、事業場外みなし労働時間制、専門業務型・企画業務型の裁量労働制(労基法38条の2~38条の4)は当該義務の対象外です(平29・1・20基発0120第3号ほか)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月19日第3153号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ