賞与年4回の影響は? 社会保険だと報酬扱い 労基法では「賃金」か

2017.12.13
Q

 労基法でいう賞与の定義について、質問があります。社会保険の世界では、「賞与を年4回払うと報酬になってしまう」といいます。労基法でも、同様に「年4回」等の解釈が適用されるのでしょうか。仮に「賞与でない」と判定された場合、実務的にどのような影響があるのでしょうか。【東京・F社労士】

A

割増は1カ月超え除外に

 健保法では、賞与とは「いかなる名称であるかを問わず、労働の対償として受けるもののうち3カ月を超える期間ごとに受けるものをいう」と定義されています(健保法3条6項)。反対解釈として、年4回以上支払うと報酬に当たると判断されます。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年12月11日第3140号16面
ページトップ