1カ月変形で割増単価は 法定労働時間が基礎? 1カ月平均をどう算出

2017.11.28
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、1カ月単位変形労働時間制の採用を検討しています。割増賃金の単価ですが、1年単位は単純です。1年の法定労働時間の総枠が2085時間(端数切捨て)なので、月給を2085時間の12分の1で割ると理解しています。1カ月単位変形制も同様でしょうか。あるいは、特別な計算方法があるのでしょうか。【長崎・T社】

A

所定時間積算して「等分」

 割増賃金の算定基礎の計算方法は、労基則19条で規定されています。月極めの賃金については、「その金額を月の所定労働時間(1年平均)で除した額」を用います。

 法定労働時間ではなく、それぞれの会社で定めた「所定労働時間」を算定ベースとして用います。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月27日第3138号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ