副業時に割増義務は? 所定は週30時間勤務 別事業場でも通算必要

2018.06.29
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 1日6時間・週5日勤務のパートから、土曜日に他の会社でアルバイトをしたいという話がありました。家庭の事情は漏れ伝え聞いているので、社内的には許可する方針です。しかし、ちょっと気になるのが時間外割増の関係です。追加で8時間働いても週40時間内に収まりますが、諸般の事情で40時間を超えた場合、どういう扱いになるのでしょうか。【福島・N社】

A

就労時間帯の先後問わず

 いわゆる副業・兼業に関しては、厚労省が平成30年1月にガイドラインを作成しています。ガイドラインでは、「裁判例を踏まえれば、原則、認める方向とするのが適当」で、「申請・届出制」を推奨しています(厚労省モデル就業規則も参照)。

 関連Q&Aでは、時間外に関する取扱いも示しているので、それに即してご質問の問題を考えてみましょう。

 労基法では、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年7月2日第3167号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ