人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

NEW2021.09.13 【厚生年金保険法】

役員報酬カットで年金は 在老全額ストップの状態

キーワード:
  • 在職老齢年金
  • 高年齢雇用継続給付
Q

 当社の役員ですが、報酬額等の関係で、これまで在職老齢年金(60歳代前半)が全額ストップとなっていました。ところが、病気で入院し、しばらく出社できない状況が続く見込みです。仮に役員報酬を減額させた場合、年金の支給停止が解けるのでしょうか。【茨城・Y社】

A

報酬月額改定後に支給へ 雇用継続給付も調整あり

 役員報酬は事業年度単位で決まり、原則として固定ですが、病気で職務遂行できない場合等には、減額が認められるケースもあるようです。

 在職老齢年金の仕組みが適用されるのは、「受給権者が厚生年金の被保険者である日が属する月」です(厚年法附則11条)。

 在職老齢年金で支給停止額を決めるファクターは、次の2種類です。…

回答の続きはこちら
2021.03.31 【雇用保険法】

支給停止の割合は固定か 継続給付と年金出るとき

キーワード:
  • 再雇用
  • 定年
  • 高年齢雇用継続給付
Q

 これまで、定年後の再雇用者に対して、「雇用保険から高年齢雇用継続給付が出る代わりに、年金の一部がカットされます。両者の比率は5対2です」と説明してきました。しかし、実際に受給する人の中には、「本当に、5対2という比率は正しいのか」と疑問を呈す人もいます。私の説明は、不正確だったのでしょうか。【宮崎・U社】

A

「5:2」でないことも 実賃金減っても最大15%で

 制度の基本思想として、高年齢雇用継続給付(雇保)は賃金の最大15%(賃金の低下率が61%以上75%未満のときは、15%から一定割合で逓減する率)が支給されます(雇保法61条)。

 一方、年金(厚年)は報酬の…

回答の続きはこちら
2021.02.26 【厚生年金保険法】

高年齢継続が損になる? 厚年との調整で計算式は

キーワード:
  • 老齢厚生年金
  • 高年齢雇用継続給付
Q

 高年齢雇用継続基本給付金を受給すると、老齢厚生年金が調整され、かえって損になるケースがあるという話を耳にしました。そもそも、この2つはどのように計算するのでしょうか。また、たとえばどのようなケースにおいて逆転現象が生じ得るのでしょうか。【兵庫・O社】

A

マイナスになるケースも 等級の加減などで該当

 60歳到達時賃金を月31万2990円、60歳以降の賃金(みなし賃金月額)を月22万9000円として計算します。60歳以降の標準報酬月額は22万円となります。

 まず、高年齢雇用継続基本給付金です。第一に、雇保則101条の4第1号におけるみなし賃金月額×75/100を計算すると、31万2990×75/100=23万4742.5です。次に…

回答の続きはこちら
2021.01.29 【雇用保険法】

雇用継続給付に影響は? 高度技能で賃金高額

キーワード:
  • 定年
  • 高年齢雇用継続給付
  • 高齢者雇用
Q

 まもなく嘱託再雇用に切り替わる従業員がいます。高度技能の持ち主なので、再雇用後の賃金も高めに設定する予定です。しかし、その水準によっては、高年齢雇用継続給付に影響があると聞きます。賃金が比較的高額な高齢者の取扱いを教えてください。【茨城・K社】

A

60歳時の賃金に上限あり 給付合計しても36万円

 60歳定年で嘱託に切り替わり、高年齢雇用継続基本給付金を受けるという前提で、ご説明します。

 高年齢雇用継続基本給付金は、60歳以降の各月の賃金と60歳到達時賃金を比較し、その比率に応じて支給されます(雇保法61条)。60歳に達した時点で、被保険者だった期間が5年以上あることが前提条件となりますが、正社員が定年を迎える場合、ほとんどこの条件を満たすでしょう。

 60歳以降の各月の賃金(Aとします)は、「雇用月に実際に支払われた賃金」を用います。ただし、傷病・事業所の休業等により賃金の減額があったときは、減額がなかったとして割り戻した金額(みなし賃金額)を用います。…

回答の続きはこちら
2021.01.12 【厚生年金保険法】

年金だけ受給可能? 高年齢継続給付やめて

キーワード:
  • 老齢厚生年金
  • 高年齢雇用継続給付
Q

 現在、雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金を受給している65歳未満の従業員が、近々老齢厚生年金を受け取れるようになります。「雇用保険の受給をやめて年金を満額受け取ることはできるのか」という質問を受けたのですが、このような措置を採ることは可能なのでしょうか。【埼玉・M社】

A

退職などの事由が必要

 60歳代前半の老齢厚生年金と高年齢雇用継続基本給付金の両方を受けられるときは、後者を優先し、年金の全部または一部が支給停止されます(厚年法附則11条の6)。支給停止される年金額は、実際に支払われた賃金額にかかわりなく、…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ